事業承継

事業承継とは、会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。

事業承継は、前経営者の「経営理念・ビジョン」という抽象的な概念を新しい経営者が引き継いで、事業の拡大・業績の安定を目指します。
会社の従業員や顧客、取引相手は、経営者が掲げる理念やビジョンに共感を得ているケースも多く、「事業承継」という言葉を強調することで、周りからの賛同も得られやすいでしょう。
また、これまでどおりの一貫した経営方針で事業の運営が進められるため、「意思決定が迅速になる」、「従業員の混乱を防ぐことができる」というメリットがあります。

ただし、事業承継は単に「次の社長を誰にするか(経営承継)」という問題ではなく、会社の経営権そのものの「自社株を誰に引き継ぐか(所有承継)」「後継者教育をどう行うか(後継者教育)」という問題が重要です。

M&A

M&A(エムアンドエー)とは「Mergers and Acquisitions」(合併と買収)の略で、資本の移動を伴う企業の合併と買収を指した言葉です。狭義的な意味のM&Aにおいては、吸収合併・新設合併などの企業の「合併」と、株式譲渡、新株引受、第三者割当増資、株式交換などの手段を通じた会社・事業の「買収」を指します。広義的な意味では、事業の多角化などを目的とした資本提携(資本参加、合弁会社設立など)を含む、企業の経営戦略を指す場合もあります。

【M&Aの種類】
  • 株式譲渡
  • 事業譲渡
  • 株式交換
  • 合併
  • 第三者割当増資
  • 会社分割

譲受会社(買い手)
メリット:新規事業への参入、既存事業の強化、事業拡大に伴うコスト削減、事業の成長を加速させることができる
デメリット:融合に時間がかかる、優秀な人材の流出、シナジーが生まれない、のれん代の減損リスク、見込んだ利益を出せない恐れがある

譲渡会社(売り手)
メリット:事業承継問題の解決、企業基盤の強化、個人保証の解除、創業者利益の実現、従業員の雇用が守られる
デメリット:最適な買い手が見つかるかといった問題、M&A成約後の従業員と組織問題

事業承継のことならMARIONETTEにお任せください

なぜ事業承継が必要なのか
会社を引き継ぐ後継者がいないということはすなわち会社をたたむことに繋がります。
会社をたたむということは従業員の方が職を失うことになり、またこれまで築いてきた商品やサービスが失われてしまいます。
会社を残していきたいけどどのようにやっていけばいいかわからない等のお悩みがあれば私達がそのお悩みを解決致します。

PAGE TOP