親族・相続

親族間のトラブルは血縁関係があるからこそ複雑化し、深刻化しやすいです。また、夫婦やカップルなど愛情関係にある方同士でも問題は発生します。

気づかないうちに深刻化する前に手を打っておきたいものです。
血縁関係、男女関係の問題は事前に防ぐ方法と、起きてしまった後の対処法があります。MARIONETTEはプライバシーも守りながら対処していきますのでご安心ください。
 

相続

相続と聞いて、『残された財産を分ける』という簡単なイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。『残された財産を分ける』それも正解です。
ですが、それ以外に知っておかなければいけない事がたくさんあります。
ご自身の親類を思い浮かべて相続を想像してみてください。
 
  • 相続人は誰になるのか
  • 相続税がよくわからない
  • 家と土地はどうなるのか
  • 親族と揉めていて相続はしたくない
  • 財産がどれくらいあるかわからない
  • 相続に関する法的手続きの仕方がわからない
  
上記のような事が当てはまった方、うちは財産が少ないから関係ないと思われている方、何かある前に対策しませんか?

相続問題の事前相談、事後対応はお任せください

調べずに相続が発生して親族間で揉めてしまった、思ったより税金が取られてしまって困った、なんてご相談が多く寄せられています。
もし事前に相談できる相手がいたら、対策をとっていたら大切な財産を少しでも多く残せたかもしれません。親族が揉める事も避けられるかもしれません。

相続は財産や借金、それぞれ持っているものが違いますので一概には言えませんが、減税や対策ができます!
すでに相続が発生して困っている、親戚の連絡先がわからない等も親身に対応させていただいております。

終活


終活とは、ご自身の最後と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。残された方へ向けてのエンディングノートの書き方、葬儀社の選び方と生前予約の方法、お墓の選び方と建て方、遺言書の書き方、後見人の選任。 子育てが終わり定年退職を迎えた方ならば、これからの生活をどうやって充実させようかと考えるでしょうし、まだ定年を迎える年齢ではなくても、自分の老後について今から準備をしておきたいと考える方もいるでしょう。お客様それぞれの希望に沿ったスタイルを提案いたします。

【相談例】
●老後のことを誰に相談したらいいかわからない
●遺言書をどう書けばいいのかわからない
●親にもしものことがあった時のために事前に準備をしておきたい
●自分の後にお墓を継ぐ人がいないのでどうしたらいいかわからない
●終活について何を相談したらいいかわからない
●老人ホームへの入居を検討しているがどうしていいかわからない
 

ご自身の最後と向き合うお手伝いをさせて頂きます。

当社では、終活に関するあらゆるお悩みを解決するために豊富な知識を使い、最適なアドバイスをさせていただきます。

親族間の契約書

婚前契約書

これから幸せな生活を送られるお二人は、産まれ育った場所も性格も違います。
ずっとお二人が想像していた様に生活できるでしょうか。

お子さんの問題や互いの親の問題など乗り越えていかなきゃいけないことはたくさん出てくるかもしれません。
そういった時に揉めないように事前に契約を交わすのが婚前契約書です。
入籍する前に作成します。

生活に関わる大まかな取り決め、細かい取り決め、二人のスキンシップの約束なども契約として組み込む事が出来ます。
例えば、記念日には絶対にレストランに行く。なども可能です。

ただ、存在していない将来のお子さんの問題、介護義務に関する問題等は盛り込むことは出来ません。その線引きを個人で考えるのは難しいです。
 

婚前契約書の作成を承ります

アメリカのハリウッドではプリナップと言って結婚前に契約するのが常識となっていますが日本ではまだ認知度が低く、婚前契約書についてアドバイス出来る会社はあまりないでしょう。
MARIONETTEは数少ない婚前契約書の作成を業務として行っている会社ですので、ご相談をご希望される方はお気軽にお問い合わせ下さい!

離婚協議書

離婚協議をするときは、離婚する条件を夫婦の話し合いで決めることが基本となるため、家庭裁判所を利用する調停離婚のように、夫婦で合意した事項を確認する公的な書面が作成される仕組みはありません。

離婚協議書をご存知でしょうか。
離婚協議書とは家庭裁判所を利用しなくても当事者同士の話し合いで取り決めた事を文書にしたものです。
共有財産の分配方法や、お子さんの面会頻度、養育費など事前に決めてから離婚届を出した方が今後のトラブルの回避に繋がります。
また、その協議書を公正証書にする事で法的な効力を発揮することが出来ます。

離婚協議書の作成を承ります

当社では、浮気した場合、生活費を渡さない場合、同居義務違反などの多数のご相談を受けてきました。豊富な知識を使い、最適なアドバイスをさせて頂きます。

遺言書

遺言とは、自分が死亡したとき財産をどのように分配するか等について、自己の最終意思を明らかにするものです。
遺言書があることによって相続に関するトラブルを防止することに繋がります。
また、遺言書の中で、日頃からお世話になった方に一定の財産を与える旨を記載することができ、相続人以外の方に対しても財産を取得させることが出来ます。
遺言で円満な相続と共にご自分の気持ちをお伝えしませんか?

【遺言に関するご要望】
●主な相続財産がご自宅で、複数のご相続人がいらっしゃる方
●相続配分をあらかじめ決めておきたい
●お世話になったお嫁さんや孫にも遺産を分けたい
●社会貢献の為に寄付したい
●事業をされている方
●お子様がいらっしゃらないご夫婦の方
●複数の不動産を所有されている方

上記のご要望をお持ちの方、その他ご不安、お悩みがある方はお気軽にご相談ください。


 

遺言書の作成を承ります

遺言はご家族に贈る最後のメッセージとなります。遺言で円満な相続と共にご自分の気持ちをお伝えするお手伝いをさせてくださいませんか?

 

PAGE TOP