家族信託

家族信託とは財産を家族に託して管理や処分(売却など)を任せる手続です。
親御さんとお子さんを例に挙げると、親御さんの財産をお子さんに託して、親御さんのためにお子さんに財産の管理処分をしてもらいます。
お子さんに財産を信託した後に、親御さんが認知症になって判断能力がなくなっても、お子さんが預金の出し入れをしたり、不動産の売却などが行えます。
お子さんは、親御さんの生活費・医療費・介護費・施設費などを支払うなど、親御さんのために財産管理をしていきます。

家族信託のメリット

・認知症になっても口座を凍結させない
親御さんが仮に認知症になったとしましょう。
病院費、施設代が必要になりますよね?
ですがお子さんが勝手に親御さんの定期預金を解約することはできません。
親御さんの判断力があるうちに家族信託口座にお金を入れておくと、お子さまの判断で引き出すことが可能になります。

他にも…

・自宅不動産に誰も住まなくなったら、お子さんの判断で売却
・親御さんの持っている不動産物件の管理に困らない
・認知症になっても資産活用を継続できる

等のメリットがあります。

家族信託の手続きの流れ

1,まずは家族信託の目的をしっかり話し合う

2,家族信託の内容をはっきり決めていきましょう。
委託者『任せる人』受託者『任される人』、『受託者に預ける資産』等

3,信託内容を書面におこしましょう

4,できれば公正証書に!

公正証書にするメリットは...
公証人が確認するため表記間違いや誤字がない。
本人の意思確認を公証人がするため、後日紛争が起こりにくい。
紛失してしまっても再発行できる
金融機関での信託口座作成がスムーズ。

5,信託口座をつくる




ここまでが一連の流れとなりますが、それぞれの手続きには専門的な知識が必要となります。のちのトラブルを避けるためにも、一度専門家にご相談することをお勧めいたします。

MARIONETTEが家族信託契約をサポートします

家族信託の手続きをするといっても、家族の形はそれぞれです。
どういった家族信託をするべきか、誰を受託者にするべきかは資産が関わってくるので繊細な問題でもあります。
MARIONETTEがなるべく揉めることなく内容を円滑に決めていく手助けをいたします。
一度お問い合わせください。

PAGE TOP